お問合せ:9時〜18時0120-07-133520,000円以上で送料無料!

17時迄の
ご注文で
当日出荷

 

トップ > カー用品 > ガラスコーティング(シラザン50)/コーティング

ガラスコーティング(シラザン50)/コーティング

全56件

最高峰の材料「ポリシラザン」を使用した高性能ガラスコーティング剤。_
ゼウスクリア_シラザン50_ダイヤモンド200
ゼウスクリア_シラザン50_ダイヤモンド_プラス
ゼウスクリア_シラザン50_ダイヤモンド
ガラスコーティング剤のスプレータイプ一覧
ガラスコーティング剤のスポンジ塗布タイプ一覧
ゼウスクリア    ガラスコーティング  関連商品
  
シラザン50 専用メンテナンス品
  
メンテナンス剤
撥水/滑水 復活キット
部分補修キット
撥水/滑水復活剤
クリーナー単品
シャンプー単品

シラザン50について よくある質問

 溶剤がゴム部分に付着した

タオルで拭き取ってください。

 施工後に雨ジミ、イオンデポジットが付着した

別売りのイオンデポジットクリーナーで簡単に除去できます。除去後は撥水復活剤を施工してください。

 部分的にシラザン50を施工したい。

補修用の少量タイプをご用意しております。

 シャンプーなど単品で購入したい。

増量タイプを単品でご用意しております。

 日々のメンテナンス方法について

別売りのメンテナンスシャンプーを施工または、シャンプー洗車後にメンテナンス剤を施工してください。

ガラスコーティングとは?メリット・デメリットや施工方法を解説

ガラスコーティングとはどのようなものであるのかについて、詳しく解説します。さらに、ガラスコーティングのメリット・デメリットや施工方法も取り上げるので、ぜひご覧ください。

車の塗装面を保護して、美しい光沢を長い間維持するためには、コーティングが必要です。ガラスコーティング剤を使ってコーティングすることで、ガラス質の被膜により車のボディを覆い、傷や汚れから車を守れます。

今回は、ガラスコーティングとはどのようなものであるのかについて、メリット・デメリットを交え、詳しく解説します。さらに、自分でガラスコーティングを行う場合の施工方法も紹介するので、ぜひ参考にしてください。
1. ガラスコーティングとは?
ガラスコーティングとは、車の塗装面を保護し、美しい光沢を長期間維持するボディコーティング方法の1つです。以前は自動車をコートする方法としてはワックスが主流でした。しかし、近年は耐久性や耐熱性に優れたガラスコーティングやポリマー系コーティングの人気が高まっています。

ガラスコーティング剤はガラス系コーティング剤よりもはるかに多くのガラス成分で構成されており、強固な被膜の形成が可能です。そのため、窓ガラスのような透明感と深みのある輝きを演出しつつ、小さな傷から車を守れます。コーティング効果はおよそ3年〜5年の持続が期待できるものの、施工にはある程度の技術を必要とする商品が大半です。そのため、カーケア専門店やコーティング専門店のプロスタッフへ依頼し、施工してもらうケースが一般的です。
1-1. ほかの種類のボディコーティング
ガラスコーティング以外にも、車のボディコーティングにはさまざまな種類が存在します。
油脂系コーティング(ワックス)
誰が施工しても撥水効果や艶出しが期待できるものの、熱に弱く雨で流れやすいため、頻繁な再施工が必要です。
ポリマーコーティング
樹脂が主な原料で、ワックスよりも持続性に優れています。自宅でも簡単に施工でき、比較的安価にコーティング剤を入手できるのが特徴です。
セラミックコーティング
ナノセラミックスを含む被膜を形成し、熱や紫外線に強い耐久性を持ちます。光沢と耐擦り性能にも優れ、長期間の保護効果が期待できるコーティング剤です。
自己修復コーティング
微細な傷であれば高温で自己修復する特性を持ち、塗装面の輝きを長期間保持します。長期間の効果持続を期待できるコーティング剤です。
コーティングは、種類によって耐久性や光沢、撥水性などが異なります。車の状態や使用環境に応じて選択しましょう。
2. ガラスコーティングのメリット・デメリット
ガラスコーティングは、車のボディを保護するコーティングとして高い機能を有しています。その分、施工日数やコストといった面でのデメリットがある点も否めません。ここでは、ガラスコーティングのメリット・デメリットを紹介します。
2-1. メリット
ガラスコーティングには、車を保護し美しさを維持する上で大きなメリットがあります。
長期間の効果持続
ガラスコーティングはワックスやポリマー系コーティングに比べて定着性が高く、繰り返しの洗車や日常の使用による影響を受けにくいことが特徴です。一般的な持続期間は約3年〜5年と、長期にわたって車の塗装面の保護効果が続きます。
洗車が容易
ガラスコーティングは高い撥水性能を持つため、汚れが水と一緒に流れやすくなり、洗車時の労力が軽減されます。さらに、水シミの原因となるイオンデポジットやウォータースポットの防止にも効果的です。
車体の保護
ガラスコーティングによる硬い被膜は、摩擦や飛び石による小さな傷や紫外線による色褪せから車を守ります。塗装面の美観を保つだけでなく、車体そのものの損傷や劣化を軽減することが可能です。
査定額の向上
ガラスコーティングが施された車は、美しい外観を長く保つことができます。将来的に車を売却する際に査定額が上がる可能性も期待できるでしょう。
ガラスコーティングは車の外観を美しく保つだけでなく、日々のメンテナンスの手間を減らし、経済的なメリットにもつながります。
2-2. デメリット
ガラスコーティングにはさまざまなメリットがある一方、いくつかのデメリットがあることも無視できません。
施工に要する日数
ガラスコーティングは高品質な仕上がりを実現するため、下地処理から塗布、乾燥までの工程に時間を要します。日常的に車を使用する方は、施工期間中の代車の手配など準備が必要です。
工費用
長期的に見ればコストパフォーマンスに優れているものの、高品質なガラスコーティングは、持続性の高さと引き換えに初期コストも高くなります。施工品質と施工費用は比例するケースが一般的です。
重ね塗りの難しさ
時間が経過してからのメンテナンスで、被膜の重ね塗りをする際は特に注意が必要です。不適切な施工は剥離やクラックを引き起こす原因になるため、それなりの技術が求められます。
ガラスコーティングを選ぶ際は、施工の品質とメンテナンス計画を慎重に検討することが肝心です。適切に対応すれば、デメリットを最小限に抑えつつ、車の状態を長期間美しく保てるでしょう。
3. ガラスコーティングの施工方法
ガラスコーティングの施工は、正確な手順で行うことが大切です。ここでは、下地処理から塗布、そしてコーティング作業終了後のメンテナンスまで、各ステップの概要を解説します。
3-1. コーティング前の下地処理
コーティング前の下地処理は、ガラスコーティングを完璧な状態にするために不可欠です。細部の洗浄から始まり、鉄粉や水垢の除去、イオンデポジットの清掃、そしてボディの研磨まで行い、すべての汚れや不純物を丁寧に取り除きます。水洗いだけできれいにならない場合は、カーシャンプーを使いましょう。
脱脂作業を行い塗装面に残る余分な成分を除去して、コーティング剤がしっかりと定着する状態になれば下地処理は終了です。車体をしっかりと乾燥させてから、ガラスコーティング剤の塗布へ進みます。
3-2. ガラスコーティング剤の塗布
車体が完全に乾燥したら、スポンジに適量のコーティング剤を取り、塗装面へ均一に伸ばしながら塗り込みます。ムラなく伸ばした後は、マイクロファイバークロスで拭き上げて余分なコーティング被膜を除去し、乾燥させて硬化させます。
この工程では、均等な塗布と適切な拭き取りが仕上がりの品質を決定します。ガラスコーティングは伸びがよいため、ムラが起こりやすい溶剤です。スポンジでの扱いに自信がなければ、スプレータイプがおすすめです。スプレータイプであれば迅速かつ広範囲に、しかも簡単に塗布できます。
3-3. コーティング後のお手入れ
ガラスコーティング後のお手入れはコーティングの寿命を伸ばし、車の美観を維持するために欠かせません。定期的に洗車すれば、コーティング被膜上の汚れが固着するのを防ぎ、塗装面をきれいに保てます。
淡色車は月に2回、濃色車は週に1回の洗車がおおよその目安です。ただし、洗車機は激しく回転するブラシが洗車傷のもとになります。お手入れの際は手洗い洗車にしましょう。
また、固着した汚れがある場合はコーティングメンテナンスを施し、イオンデポジットやウォータースポットを除去することが重要です。定期的なメンテナンスが、効果の長期持続につながります。
4. ガラスコーティング剤(シラザン50)の性能・価格
「シラザン50」シリーズは、数あるガラスコーティング剤の中でも特に優れた性能を持つ、ポリシラザン系のコーティング剤です。ポリシラザンが完全硬化すると、高硬度のガラス被膜となります。
形成される被膜の膜密度は、一般的なガラスコーティング剤と比較して10倍から数十倍です。そのため表面に付着した汚れが深部まで侵入せず、簡単な洗車で落とせるという大きな利点があります。
また、「シラザン50」シリーズはスプレー式であり、従来の塗り込み作業に比べて施工時間を大幅に短縮できる点も魅力です。特許出願中の新技術により、プロはもちろん、これまでスポンジでの塗布が難しいと感じていた一般の方にも簡単に、かつ均一なガラスコーティングを可能としました。重ね塗りが可能で、ボディだけでなくガラス部分や樹脂部分、マフラーにも使用できます。
価格は「シラザン50 車用 Mサイズ(50ml)【NGC-QA50】」が11,000円(税込)です。「シラザン50 バイク用【NGC-QA50-MC】」は6,800円(税込)で購入できます。
まとめ
車体の保護のほかにも、洗車が容易になる点や効果が長く続く点が、ガラスコーティングのメリットです。また、車の外観を美しく保つことで、もし中古車として売却する場合には、査定額が高くなる点もメリットと言えます。
一方で、ガラスコーティングは施工費用や施工日数をデメリットに感じる方もいます。デメリットもありますが、愛車を美しい状態で長く乗り続けたい方には、ガラスコーティングは必要だと言えるでしょう。メリット・デメリットを比較して、ガラスコーティングの要否を検討してください。